8月1日から7日の1週間は「スター・ウィーク〜星空に親しむ週間〜」です。全国的に梅雨が明け天候も安定し、星空を気軽に眺めるにはとてもよい時季。星や宇宙に関連するイベントを通じて多くの人が星空にふれるきっかけを提供します。一人でも多くの人に星空に親しんでほしい、星空の美しさを知ってほしい−そんな想いで1995年に有志が始めたキャンペーンです。

リンクは http://www.starweek.jp に貼ってください

2021年04月28日

協力イベントへの助成(天文学振興財団)

公益財団法人 天文学振興財団は、スター・ウィーク2021の協力イベントを対象とした助成を行います。協力イベント実施を予定しているみなさん、ふるってご応募ください。応募の締め切りは 5月28日(金)(必着)予定です。
応募方法などの詳細は天文学振興財団のウェブサイトをご覧ください。 > 詳細

応募先やお問い合わせ先も、同財団となりますのでご注意ください。
(スター・ウィーク実行委員会あてにお問い合わせいただいても、悪しからず対応できません)

★募集内容(概要のみ)

  • 募集資格:スター・ウィーク2021に協力する団体
  • 必要書類:協力イベントの趣旨と概略、イベント開催費用の見積もりの積算(概算)、主催者および担当者の連絡先、等
  • 応募先およびお問い合わせ先:(公財)天文学振興財団  事務室(〒181-8588  東京都三鷹市大沢 2-21-1  国立天文台内) > 同財団ウェブサイトにお問い合わせフォームがあります
posted by starweek at 21:00| 協力イベント

2021年04月09日

2021年 キャッチコピー決定

スター・ウィーク2021のキャッチコピーが決定しました!

星空と、夜更かししよう

東京都の松浦紬乃(まつうらゆの)さんの作品です。
おめでとうございます。

応募総数は 749件でした。
今年もたくさんのご応募ありがとうございました。

2021年のキャッチコピーのイメージは、以下の2点でした。
  • 月明かりがなく、満天の星が楽しめる:スター・ウィーク期間中は月明かりの影響が少なく、満天の星を楽しむチャンスです。街明かりのない場所では、天の川が見られるかも。
  • 木星と土星が一晩中観察できる:木星と土星がやぎ座〜みずがめ座にあり、一晩中観察できます。この夏は、お近くの天文台や観察会で木星の縞模様や土星の環を観察しましょう。

以下、みごと採用となった松浦さんからのメッセージ、そしてスター・ウィーク実行委員長からのコメントです。

続きを読む
posted by starweek at 00:00| キャッチコピー