8月1日から7日の1週間は「スター・ウィーク〜星空に親しむ週間〜」です。全国的に梅雨が明け天候も安定し、星空を気軽に眺めるにはとてもよい時季。星や宇宙に関連するイベントを通じて多くの人が星空にふれるきっかけを提供します。一人でも多くの人に星空に親しんでほしい、星空の美しさを知ってほしい−そんな想いで1995年に有志が始めたキャンペーンです。

リンクは http://www.starweek.jp に貼ってください

スター・ウィーク2018 協力イベント一覧

2018年04月12日

2018年 キャッチコピー決定

お待たせしました。
スター・ウィーク2018 のキャッチコピーが決定いたしました!

 火星がぼくらに会いにくる

兵庫県の大野里佳さんの作品です。

応募総数は 1,361 件でした。
今年もたくさんのご応募ありがとうございました。

★大野さんからのメッセージ
宇宙の彼方に、まだ見ぬ“仲間”がいるかもしれない。 惑星が近づく星空に、そんなロマンを求めてやみません。


2018年のキャッチコピーは、次の2つイメージを中心に選考をおこないました。

1. 火星が地球に接近中で観察好機
2018年の夏、火星がおよそ2年2か月ぶりに地球に接近して見ごろを迎えます。
最も接近するのは、スター・ウィーク前日の7月31日です。
今回の火星接近は2003年以来の「大接近」で、スター・ウィークキャンペーン期間中はもちろん、夏休み中は東から南にかけての夜空でとても明るく見えます。この夏は火星に大注目です。

2. 金星と木星も観察好機
宵の明星として、夕方の西の空に金星がよく見えます。
また、南西の空には木星も見えていて、夏の星空に彩りを添えています。

★キャッチコピー決定にあたって/スター・ウィーク実行委員会
今年は火星が地球に大接近する年です。最も近づくのは7月31日。スター・ウィーク期間中は、まさに火星が地球に近づいてよく見える時期です。
ストレートな表現ですが、「せっかくの機会だから、火星を見てみよう!」という気持ちがわき起きるようなキャッチコピーです。さあ、この夏、ぼくらも、火星に会いに行きましょう!

みごと採用となった大野さんには、スター・ウィーク関連グッズをお贈りします。
また、ご応募いただいた方から抽選で10名様に記念品をお贈りします。
(発送をもって発表に代えさせていただきます)
posted by starweek at 18:30| キャッチコピー